押出し熱間鍛造自動化装置

TEL:0952-52-8634
製品情報

押出し熱間鍛造自動化装置

製品情報

高周波加熱装置を用いて加熱されたワークを受取り、素早く金型に挿入し、鍛造後取り出しを行う自動化装置です。

加熱コイルに送り込むワークの外径・全長・材質を検査する検査装置・加熱コイルへの送り込み装置・プレス内でのハンドリング装置・離型剤噴霧・温度管理・鍛造プレスをトータルで制御し、鍛造品を生産するシステムです。

ハンドリング装置部は自走式でプレスと自動的に着脱を行うことが出来、金型交換時や清掃メンテナンス時に広いメンテナンススペースを確保することが可能です。

製品情報
押出し鍛造(搾出鍛造)図

ローディング装置 移動図
ローディング装置 移動図

押出し熱間鍛造自動化装置の特徴

  • ①鍛造プレスへの素材供給作業の自動化

    • 過酷な手作業からの解放
  • ②容易な金型交換作業

    • 材料供給及び排出を行うローディング装置がプレスから着脱出来る機構を持っている為、金型交換やプレス周辺の清掃、メンテナンス等の作業が容易に出来ます。
  • ③異種材料の混入防止 ※オプション

    • 円柱材料用検査装置を素材加熱装置の上流に設置することにより、材質、径、全長を瞬時に選別し、異種材料の混入を防ぐと同時に金型破損を防止します。

仕様

構成
プレス除く搬送装置
  • 素材検査&突き出し供給装置
  • 加熱素材供給装置
  • プレスローダー&アンローダー (オプション)
  • 素材用パーツフィーダー
  • 離型剤供給装置
制御
数値制御方式
駆動方式
ローダー&アンローダー:ACサーボモーター
他:エアー又は電動機
サイクルタイム
素材加熱時間及びプレス能力に連動して交換
主要寸法
対応するプレスにより変動
重量
プレス・発振機を除いて約2トン

製品情報

Contents
製品情報

製品情報Products

納入実績

納入実績Works

会社情報

会社情報Company